2017年9月6日水曜日

ライフオーガナイザーになったいきさつ「変わらない家の中の景色」

「片づけ」に関する資格、仕事をする人が増えてきました。

片づけに関する資格は今の日本に30以上もあるようです。

「ライフオーガナイザー®」もその一つ。

ライフオーガナイザーとは、アメリカでは職業として確立している「プロフェッショナルオーガナイザー」を日本人や日本の住居にあったものに体系化したものです。

詳しくは「日本ライフオーガナイザー協会」のウェブサイトをご参照ください。

ライフオーガナイザー®とは

片付けナース 三浦千枝は
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会の正会員です。



「ライフオーガナイザー」になる人の中には片づけが大好きで、
という人もたくさんいますが

苦手で・・・片づけられない女でしたという方が大勢います。

私も30歳までの人生、「片づけ」を意識したことは特になく
子どもの頃は母に
「片づけなさい!」
とキレ気味に叱られることも多かったです。

気が向けば几帳面にカスタマイズなどもして片づけてましたが、
基本的には・・・

生活に支障がなければ良いじゃないか

というスタンス。

これは今もそう変わってません(笑)

●何故「片づけ」を学ぼうと思ったのか


それは、一人暮らしだった義父が亡くなって
残された家の管理をするようになってから。

とにかくものすごい物量で、最初の数年は
・捨てても捨ててもモノが減らない。
・家の中の景色もほぼ変わりない・・・
という、ここは無間地獄(=絶えることのない無限の苦しみ、という意味で)か、と思うほどでした。



それまでの自分のやり方ではとても対処できなくて
テレビや雑誌、当時始めたインターネットで、
何とか良い方法はないか・・・
と情報収集をしていました。
現実逃避していた部分もあったかと思います。

そんな中
「捨てるからはじめない」ライフオーガナイズ
というものを見つけました。

ライフオーガナイズの存在を知ってから、
講座を受けるまでに1年ほどかかりました。

まず「ライフオーガナイザー2級認定講座」を受講しました。

2級講座でもずいぶん楽になったのですが、
もっと知りたいな~
という思いが高じて1級認定講座を受講。

その後、スキルアップ講座なども受講して流れに乗って・・・
現在に至ります(・・。)ゞ

●ライフオーガナイズを実践してから・・・

とにかくものすごい物量で、最初の数年は
・捨てても捨ててもモノが減らない。
・家の中の景色もほぼ変わりない・・・

といった状況が劇的に改善しました。

それまでは
物を右から左へ移動させる
不要品を探し出して処分する

という事の繰り返しでしたが、
モノではなく「思考の整理」から行いました。

この部分は、どうやったかというと・・・


私はLO2級講座で自分の価値観が明確になりました。

現在は、ライフオーガナイザーとして実際に片づけの相談や作業をご一緒する機会もありますが、この「思考の整理」という部分を大事にしています。


捨てる作業を始める前に、ぜひやっていただきたいこと



という無料のメールセミナーにてお話ししています。


実際に「片づけ相談」を申し込まれた方にも必ずお尋ねしている内容です。

この部分がわかると「行動」しやすくなります。

私以外の「片づけ」業者に依頼する場合にも役に立ちますので
興味のある方は是非お読みください。



片付けナースに興味を持っていただけた方は是非ご覧ください。
あなたに合ったご利用法をチェック。


◆片付けナース ナースコール緊急度チェック




0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

4月によく読まれた記事は「片づけ」とは無関係の記事でした

4月1日~30 日の間によく読まれた記事です。 4月は、義実家の片づけに関する記事を多くアップしました。   1位   初夏の鎌倉で刺しゅう作品の展示会 片づけとは関係ない記事がトップでした。 私は刺繍教室に参加しています。 その会の先生方の...