2017年9月13日水曜日

義実家片づけに時間がかかったそのワケは:モノの多さ編

義実家片づけに時間がかかったそのワケは…
シリーズ2回目です。

初回はこちら

義実家片づけに時間がかかったそのワケは:距離編



多くの方に共通の一番の悩みの根源それは…

●モノの多さ


過去記事でも少し書いていますが、
家一軒が物置き状態、といって過言ではない状況でした。

何故「モノの多さに気づかなかったのか」
見てわかる事なのに。
そう思われる方も多いかな~💦

気付かなかったわけではないのです。

結婚前に訪問したことはありますが、
かなり緊張していたこともあり、
「モノが多いなあ。でも男性の一人暮らしならこんなモノか」
くらいにしか思いませんでした。

今にして思えば危険(?)な兆候はあちこちにあったのですが、
大好きなダンナの家族に悪い印象を持ちたくない、
という補正が、かなりかかっていたのかもしれません。


要は客観的に見ることができなかった・・・という事です。

もっと簡単に言えば「他人事」だった!

同居の予定もなかったですしね。

新居も遠かったのでそんなに付き合いもないだろう…と正直思っていました(;^_^A




モノの多さの感じ方にもものすごく個人差があります。

全然散らかってないのに「散らかってて…」と言われると
「嫌味か?」と思う事ありませんか?

「モノが多い」を
「太っている」「痩せたい」に置き換えるとわかりやすいかな~。

いろんな方の片づけの悩みを伺う中でも
「どこが問題?」と思う方も中にはいらっしゃいます。

そういう方は本気で「モノが多い」
「散らかっている」という事にお悩みだという事もわかりました。

今なにも困っていないけれど、周りから「片づけたら?」と言われる方は
自分の基準と周りの「片づいている」基準が違うのではないですか?

一度自分の部屋を写真に撮ってみてください。

見えなかった部分、気づかなかった部分が見えてくると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

4月によく読まれた記事は「片づけ」とは無関係の記事でした

4月1日~30 日の間によく読まれた記事です。 4月は、義実家の片づけに関する記事を多くアップしました。   1位   初夏の鎌倉で刺しゅう作品の展示会 片づけとは関係ない記事がトップでした。 私は刺繍教室に参加しています。 その会の先生方の...