2018年2月8日木曜日

有吉弘行のダレトク!? にライフオーガナイザー出演

  2月7日配信のメルマガより

今回の記事は毎週水曜日に配信しているメールマガジンから、一部変更しての転載です。

送信時、番組ん出演されていました松村邦洋さんのお名前を間違えていました。
この場をお借りして修正とお詫び申し上げます。

転載文中のお名前は修正しています。





  2018年2月6日、フジテレビ系の番組「有吉弘行のダレトク!?」
ライフオーガナイザーが出演しました。

家事代行サービスの「ピンキリ」の「ピン」のサービスとして
昨年から始まった「カジタク」の紹介でした。

イオングループが提供している家事代行・整理収納サービスの中の
「片づけ名人プレミアム」

これは、コンサルティング型片づけ整理収納サービスで
ライフオーガナイザー有資格者が担当します。
ライフオーガナイザーの中でもある程度経験と実績のあるメンバーしか参加できないサービスですので
「どんな人が来るか心配」という方にはとてもおススメのサービスです。

現在は、東京、神奈川県の一部でのサービスですが、順次拡大していく予定だそうです。

番組では松村邦洋さんのお部屋の片づけの様子が。

広いワンルームを棚で区切ってモノを出し入れしやすい空間を作り
大好きなタイガースグッズのスペースもできて、喜ばれていました。

松村さんは過去にも片づけサービスを利用されていましたが何度かリバウンドしています。

モノを減らしてスペースにキレイに収める

これだけでは「出した物を元に戻す」という行動ができにくい場合があります。
ライフオーガナイザーは、モノを探しやすく出し入れしやすい、
その人が大事にしている物を生かす…といった方向で空間を整えます。

キレイ、おしゃれ、モノを減らす…それだけでは、
その方にとって「使いやすい」空間は生まれません。

そのため、ヒアリングにはかなりの時間をかけます。
番組中では3時間お話を聞いて、一度持ち帰り提案書を作成、という流れが放送されました。

その人に合った片づけ方、収納を提案するためにはココは絶対にはずせない部分です。

私も初回のヒアリングには最低でも2時間はかかります。
実際に物を動かす「オーガナイズサポート」と「相談」の2段階にサービスを分けているのは
モノを動かす前の「思考の整理」に時間をかけたいからです。
その時間をより有効にするために始めたのが「メールセミナー」

あなたが最初に申し込んでくれたステップメールです。

ゴールイメージを明らかにして、自分に合った方法で進めていく
捨てるものを探すのではなく必要な物を選ぶ
まずは「分ける」こと

この手順がわかるとスムーズに進んでいきます。

ゴールイメージがよくわからない、という方はステップメールの最初のワークを見直してみてくださいね。

ワークの結果を返信してくだされば、一緒にゴールイメージを言語化するお手伝いもできます。
この部分はメルマガ読者の方に限り無料で行っていますので是非ご利用くださいね。

モノや場所についての具体的な片づけ方については、「片づけ相談」の利用をお願いしています。
その境界については事前にご案内します。

いつの間にか「相談」になっていて料金が発生した、という事にはなりませんので安心してください。

有料サービスのご利用は義務ではありませんので、他の業者やライフオーガナイザーなどに依頼されても全く問題ありません。

何故そこまで「無料」でやるのかというと。
みなさんのリアルな悩みやありたい姿、ゴールイメージを教えていただくことは
私にとって、今後のサービスをより良いものにしていくためのとても貴重な参考となるからです。

転載ここまで

無料のメールセミナー

一生モノの片づけマインドを身に着ける7step

ステップメール購読後に希望された方に毎週水曜日にメールマガジンを発行しています。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

4月によく読まれた記事は「片づけ」とは無関係の記事でした

4月1日~30 日の間によく読まれた記事です。 4月は、義実家の片づけに関する記事を多くアップしました。   1位   初夏の鎌倉で刺しゅう作品の展示会 片づけとは関係ない記事がトップでした。 私は刺繍教室に参加しています。 その会の先生方の...